ネオファースト生命認知症保険toスマイル

介護保険ランキング 3

歯の健康維持を応援!一時金で備える認知症保険

月払保険料
※お問い合わせください
保険期間
終身

保険料試算条件: おすすめプラン|認知症保険金:100万円|保険期間・保険料払込期間:終身 ※おすすめプランは募集代理店におけるプラン名称です。 

こんな方にオススメ
  • 認知症に備えたい方へ
ポイント
  • 認知症と診断、かつ要介護1以上の状態に該当したら一時金を受け取れる。
    ※責任開始日からその日を含めて180日以内に認知症と診断されたときは、本契約は無効となります。この場合、保険金をお受け取りいただけません。
  • 特約を付加することで、軽度認知障害(MCI)と診断されたら給付金が受け取れる。
    ※主契約の責任開始日からその日を含めて180日以内に軽度認知障害または認知症と診断されたときは、本特約は無効となります。この場合、給付金をお受け取りいただけません。
  • 70歳時に20本以上の歯が残っていれば、以後の保険料は割引。
    ※永久歯(義歯やインプラント等の人工歯は含みません)の本数が20本以上である場合、歯数割引特則が適用され、以後の保険料が割り引かれます。
    ※死亡保障特則の保険料を除きます。
    ※契約年齢が70歳以上の場合、歯数割引特則が適用されず、保険料は割り引きされません。
申込方法
ネット申込郵送対面

※郵送・インターネットでの保険申し込みの場合、一部取扱が異なります。詳細は募集代理店にご確認ください。

商品特長

認知症と診断、かつ要介護1以上の状態に該当したら一時金を受け取れる

一時金は、ご契約時に100万円~500万円の範囲で認知症保険金額を設定いただきます。

※責任開始日からその日を含めて180日以内に認知症と診断されたときは、本契約は無効となります。この場合、保険金をお受け取りいただけません。


正常だった脳の機能が、何らかの障害によって低下した、日常生活に支障をきたす状態のことを指します。認知症の中でもアルツハイマー型認知症が代表的な疾患で、脳の一部が収縮し、記憶障害等の症状がみられます。
高齢化により、2030年には65歳以上の約5人に1人が認知症に!
認知症の前段階の軽度認知障害(MCI)になる可能性もあるかも?
65歳以上の認知症患者数の推計2012年の約462万人から、2030年には約744万人と高齢化により1.6倍増加することが推定されている。


特約を付加することで、軽度認知障害(MCI)と診断されたら給付金が受け取れる

※軽度認知障害保障特約の付加が必要です
※主契約の責任開始日からその日を含めて180日以内に軽度認知障害または認知症と診断されたときは、本特約は無効となります。この場合、給付金をお受け取りいただけません。


「軽度認知障害(MCI)」とは?軽度認知障害はMCI(Mild Cognitive Impairment)と呼ばれ、健康な状態と認知症の中間の状態です。何気ない行動に以前よりも時間を要したり、非効率になったり、間違いが多くなるが、自立した生活が送れている、認知症とはいえない状態を指します。


70歳時に20本以上の歯が残っていれば、以後の保険料は割引

※死亡保障特則の保険料を除きます。
※契約年齢が70歳以上の場合、歯数割引特則が適用されず、保険料は割り引きされません。
※永久歯(義歯やインプラント等の人工歯は含みません)の本数が20本以上である場合、歯数割引特則が適用され、以後の保険料が割り引かれます。

保障内容

主契約

認知症と診断、かつ公的介護保険制度における要介護1以上と認定されているとき

認知症保険金

認知症保険金額
【保険金額取扱範囲】100万円~500万円(10万円単位)
[支払限度]1回

※責任開始日からその日を含めて180日以内に認知症と診断されたときは、本契約は無効となります。この場合、保険金をお受け取りいただけません。
※責任開始期前にすでに発病していた疾病を原因とする場合、保険金はお受け取りいただけません。この場合、本契約は無効となります。
※公的介護保険制度における要介護1以上となられた原因が認知症である必要はありません。
※ご契約にあたっては、指定代理請求人の指定が必要です(認知症保険金の受取人が法人の場合を除きます)。

認知症保険金のお受け取り前に死亡したとき(死亡保障特則を適用した場合)

死亡保険金

[男性]主契約の認知症保険金額 × 30%
[女性]主契約の認知症保険金額 × 30%~60%(10%刻み)

※死亡保険金の額は200万円が上限となります。(高度障害状態に該当した場合の保障はありません)
※死亡保障特則を適用する場合、契約年齢は55歳~85歳です。

特約

軽度認知障害保障特約
軽度認知障害(MCI)と診断されたときまたは認知症と診断されたとき

軽度認知障害給付金

主契約の認知症保険金額 × 10%
[支払限度]1回

※主契約の責任開始日からその日を含めて180日以内に軽度認知障害または認知症と診断されたときは、本特約は無効となります。この場合、給付金をお受け取りいただけません。
※責任開始期前にすでに発病していた疾病を原因とする場合、給付金はお受け取りいただけません。この場合、本特約は無効となります。

歯数割引特則

歯数割引特則

70歳時に20本以上の歯が残っていれば、以後の保険料が割り引かれます。

※死亡保障特則の保険料を除きます。
※契約年齢が70歳以上の場合、歯数割引特則が適用されず、保険料は割り引きされません。
※残存歯数の対象となる歯は永久歯のみとし、義歯やインプラント等は含みません。
※割引判定日後に割引判定日時点で20本以上の歯が残っていることが証明された場合でも、本特則をさかのぼって適用することはできません。

保険料例

【ご契約例】
保険期間・保険料払込期間:終身
主契約(認知症保険金額):100万円
死亡保障特則:なし

加入時の月払保険料 [参考]歯数割引特則適用後の月払保険料
男性 40歳 640円 449円
50歳 949円 757円
60歳 1,580円 1,380円
70歳 2,685円

契約年齢が70歳以上の場合、
歯数割引特約は適用されません。

80歳 5,161円
女性 40歳 798円 629円
50歳 1,182円 1,010円
60歳 1,928円 1,745円
70歳 3,345円

契約年齢が70歳以上の場合、
歯数割引特約は適用されません。

80歳 6,396円

商品情報

商品名
認知症保険toスマイル
商品正式名
無解約返戻金型認知症保障保険
加入年齢
満40歳~満85歳(死亡保障特則を適用する場合は満55歳~満85歳)
保険期間
終身
保険料払込期間
終身、75歳・80歳・85歳払済
保険料払込方法
口座振替・クレジットカード
保険料払込回数
月払/年払
申込方法
ネット申込/郵送/対面
特長タグ
終身掛け捨て認知症の保障有要介護1から保障ネット申込可
募集文書番号
B23N1076(2023.7.24)

・このページでは保険商品の概要をご案内しています。保険商品の詳細につきましては「商品パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」および「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。
・お申込み方法によって、一部取扱が異なります。詳細は募集代理店にご確認ください。
・主契約・特約・特則の給付金額の設定、保障の組み合わせには一定の制限があります。詳細は募集代理店にご確認ください。
・給付金などのお支払いの対象とならない場合があります。詳細は募集代理店にご確認ください。

認知症保険toスマイルの商品ロゴ
ネオファースト生命
認知症保険toスマイル
無解約返戻金型認知症保障保険
月払保険料
※お問い合わせください
保険期間
終身
試算条件

おすすめプラン|認知症保険金:100万円|保険期間・保険料払込期間:終身 ※おすすめプランは募集代理店におけるプラン名称です。 

介護保険ランキング

自分で探すのは難しいというお客様は

保険のプロに無料相談

ファイナンシャル・プランナーに、
保険の選び方や見直しなどについて、
ご相談いただけます。

相談方法は電話訪問またはオンライン
ご選択いただけます。

無料相談の詳細はこちら